ヘアリシェ スカルプエッセンスの販売店

"ニキビができてしまうと、どうしても触りたくない、何もつけたくない!という思いがあるかとおもいます。
しかし、ニキビは放置してしまうと逆にどんどん悪化してしまう可能性があります。もちろん、ひどく赤くなって悪化している時は皮膚科などにもらった薬を使うのが
一番ですが、少し落ち着いてきたら、ニキビ肌でもできるスキンケアをしっかりとした方が肌を健やかに保つことができます。

 

ニキビには油分ではなく水分保持が大切です!

 

まず、ニキビができていしまう人は脂性の肌質の方が多いです。すぐテカってしまう、夕方になると皮脂でべたべた、、なんて方は脂性の肌質でしょう。
そういった肌に「しっとりタイプ」や油分の多いスキンケアをすると、余計にニキビができてしまいます。
なので、ニキビ肌で困っている方は是非、水分保持をしてくれるスキンケアを選びましょう。

 

例えばジェル状のさっぱり化粧水、美容液などおすすめです。メーカーによっては100%オイルフリーなどのスキンケアもありますのでそういったものを選んでください。
成分としてはヒアルロン酸などの水分をしっかりとため込んでくれる成分が配合されたスキンケアが好ましいです。

 

 

クリームよりも乳液を選ぼう

 

スキンケアの最後には水分が蒸発しないように必ず油分でふたをしますが、油分の配合量が多いクリームタイプよりも乳液などのさっぱりとしたテクスチャーを選んだ方が
脂性の方には相性がいいです。乳液の中でもさっぱりタイプであまりテクスチャーが重くないタイプを選んでください。
もし、目元などの乾燥が気になるようであれば、目元だけクリームを重ね塗りなどして、全体的には塗らないように気を付けてください。

 

ニキビ肌にはとにかく水分保持で肌を柔らかく健やかに保つようにする!というのを心がけておけば、大きなトラブルはないでしょう。
脂性の方は自分で油分を出すことができるので、若々しい肌を保つことができるメリットもあります。うまく付き合っていきましょう。"

page top